社会福祉法人 春秋会 LIAISON NAGASAKI

2020 Copyright (c) liaison Nagasaki.
ASSESSMENT OF A PERSON'S CHARACTER「その人らしさを支えるケア」

社会福祉法人 春秋会 リエゾン長崎

our serviceサービス案内

team leader

副施設長佐藤 尊之

その人らしい生活の再構築を目的に、
本人の望む生活を実現する

認知症高齢者が、家庭的な雰囲気の中で、お互いに日常生活での役割分担を行いつつ自立した生活を営むことを目的に共同生活を送る「住まい」のことをグループホームと言います。1ユニット、5〜9人の入居者の方に対し、所定の介護スタッフが日常生活を支援します。

グループホーム

少人数(5〜9人)を1単位として住まいを共有共同生活型の「在宅」介護保険

グループホーム、その正式名称は「認知症対応型共同生活介護」と言います。要介護高齢者で認知症を有する方を対象に、少人数(5〜9人)を1単位として住まいを共有し、共同生活を送る「在宅」の介護保険サービスです。
家庭的で落ち着いた雰囲気の中、食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活行為を利用者と介護スタッフが共同で行うことで認知症々状が穏やかにし、安定して本人の望む生活を実現することができます。
少人数のグループホームのサービスは、認知症の方が「なじみの関係」をつくりやすく、心身の状態を穏やかに保つことに適した環境になっています。

介護スタッフ連携で認知症ケア

社会福祉法人春秋会が運営する「グループホーム リエゾン長崎」は、別館2階にあります。玄関を入るとL字型のメインフロアーの中心にリビングルームがあり、その横に広く大きなキッチンを備え、食事や家事など入居者の方同士の交流スペースとなっています。また、リビングを囲む様に9名の入居者の方の居室が配置されています。浴室と車椅子用トイレを備え、フロアーは迅速な対応が可能なように、介護スタッフが常にフロアー全体を見回せる構造となっています。
また、日々のサービスにおいては、その人ができる事を一つでも増やし、安全に、穏やかに、安定した日々が送れるように、介護スタッフが連携・協力して認知症ケアに取り組んでいます。社会福祉法人春秋会では、事業全体で認知症ケアを推進しています。
地域の精神科の医療機関と提携し、グループ事業全体で専門的な認知症ケア(カンフォータブルケア等)の研修を積極的に実施しています。

価値ある人生を送れる環境づくり

認知症の人を生活の「主体者」としてとらえ、個々の生活を重視して、残された能力を最大限に発揮できるような環境を提供する。その人らしい生活の再構築を目的に、その人の役割を見出し、潜在的な能力に働きかけ、失いかけた能力を再び引き出すケアを提供する。また、楽しみや潤いがある「普通の暮らし」を送ることができるように、家庭的な雰囲気の中で権利や尊厳が保障されるケア、何らかの生活障害があっても、それを補いつつ持てる力が最大限発揮できるケア、衣・食・住全般に生活者としての役割をつくるケア、慣れ親しんだ生活様式が守られるケア、豊かな人間関係を保ち支え合うケア、そして、暮らしの中で、人としての「自信」が育まれるケアの提供を目指しています。
認知症の方が安定した日常生活を営むためには、個人の選択や尊厳を保ち、価値ある人生を送れる環境があり、その家族が安心して生活できることが最も重要です。グループホーム リエゾン長崎では、日常生活上の支援を通じて、心身の機能向上の機会や地域での活動・参加の場面を創り、お住まいになる方が、いつまでもいきいきと自分らしく暮らしていけるように支えていきたい、そう考えています。