社会福祉法人 春秋会 LIAISON NAGASAKI

2020 Copyright (c) liaison Nagasaki.
ASSESSMENT OF A PERSON'S CHARACTER「その人らしさを支えるケア」

社会福祉法人 春秋会 リエゾン長崎

our serviceサービス案内

team leader

社会福祉事業部長小坂 敦子

地域密着型のケアハウス

日常生活は自立しているが、一人暮らしが不安、身寄りがないなど、生活に不安を抱える方の為の高齢者の「住まい」です。制度上は、社会福祉法人の運営する「軽費老人ホーム」という位置づけで60歳以上の方が入居対象で長崎市からの補助があり、月々の生活費は一般の有料老人ホーム等と比べて、比較的低い料金で入居できます。
また、リエゾン長崎では活動として季節行事や余暇活動など、定期的な活動プログラムを実施しています。また、地元土井首地区のコミュニティ活動(文化、芸術、防災等)への参加の機会づくりを行い、地域密着型のケアハウスづくりを推進しています。

ケアハウス

必要な支援をいつでも補えるリエゾンサポートプラス

リエゾン長崎は、働く社員すべてが入居者の方々のプライバシーを尊重し、安心・安全な暮らしの提供を行うことを第一に考えています。基本サービスには、食事や入浴の準備、介護や福祉の相談、夜間、常駐の介護職員が緊急時の対応がございます。外出、外泊もご希望通り自宅と同じ様に、自由な毎日をお過ごしいただけます。ご入居後、介護が必要な状態になった場合には、ご本人の介護保険で介護サービスを受けつつ暮らし続けることが可能です。いつまでもリエゾン長崎に住み続けていただくために、生活支援や直接介護を補うための有料の介護支援サービスを準備しています(リエゾンサポートプラス)。

3種のサポートを完備

①日々の館内移動に見守りやお手伝いが必要な方、食堂での配膳やお部屋への配膳が必要な方、入浴や排泄の場面で「突発的」な介護が必要となる方、など日常的な介助の全般。
②かかりつけの病院への受診手配、主治医の先生との連絡調整、お薬情報やお薬カレンダーの確認など、お住まいになる方の日常的な健康管理の全般。
③夜間の見回り・見守り、個別の安否確認、防犯のための居室の施錠確認など、日常的な安全安心を支える管理全般。

これらは本来、ケアハウス事業では対応が難しい生活支援や介護のサービスですが、リエゾン長崎では、独自の有料介護サービスとして「見守りサポート」「お助けサポート」「しっかりサポート」を準備しています。リエゾンサポートを活用していただく事で、その人がいつまでもそのらしく、リエゾン長崎で暮らし続けられる様に、日常生活の支援に社員一同、日々全力を注いでいます。

心の機能低下を防止する「親睦」

「ここに入居する前は、一人暮らしで寂しい思いをしていた。」など、入居者の中には長く孤独を感じてきた方も少なくありません。スタッフは、入居者の方同士のコミュニケーションの機会を積極的に創っています。挨拶を交わし、おしゃべりし、笑いあい、互いの親睦を深めつつ、毎日を生き生きと暮らしていくこと。それが、心の機能低下を防止する効果にもつながります。入居者の方々の健康には、最大限の配慮をしています。介護や看護、リハビリの専門スタッフが定期的にお伺いをして、その日の体調や暮らしにお困りごとがないかをお聞きする「相談」の場面を積極的に作っています。介護保険を活用した個別の訪問や通所のサービス利用のご希望、調整にも迅速に対応します。リエゾン長崎は、地域との関わりが重要と考えています。地元、土井首地区のコミュニティ活動(文化、芸術、防災等)への参加の機会づくりを通して、入居者の方々を主体とした、地域密着型のケアハウスづくりを推進しています。

rooms部屋のご紹介

居室のタイプは3種類。単身者用1ルームの「Aタイプ」が36室
単身・夫婦いずれでも入居可能な1LDK「Bタイプ」が8室(※8室の内訳:単身者用6室、夫婦用2室)
夫婦用2LDK「Cタイプ」が3室、総数47室の居室をご用意しております。定員は50名。

  • A-TYPE

    ワンルーム36室(単身用)

  • B-TYPE

    1LDK8室(単身・夫婦用)

  • 浴室

  • 食堂・キッチン

  • 洗面所

  • 談話室